こんにちは。瑠璃です。

先日ムーンムーン横向き寝専用枕「YOKONE」をご紹介させていただきましたが、今年になって、さらに寝心地が良くなった「YOKONE2」が新発売になりました。届いてすぐに箱根の旅館に一泊したので、さっそく旅館に持ち込んで使ってみました。

ムーンムーン横向き寝専用枕「YOKONE2」ソフトタイプ

箱根の旅館の客室で撮影しました。箱には取っ手がついており、半畳に届きそうな大きさです。

枕本体の大きさは縦約37㎝×横約63㎝×高さ約12㎝です。

YOKONEとほぼ同じ大きさですね。蝶が羽根を広げたような形になり、さらに頭をしっかり支えてくれるようになりました。下半分のデザインは変わらないので、「YOKONE」から買い替えても、同じ寝心地で使う事が出来ます。

布団の幅いっぱいになりますが、この大きさで頭を包み込むので、左右に寝返りを打っても、頭が枕から落ちる心配がありません。普通のまくらだと、横向きでは首が曲がってしまいますが、「YOKONE2」は首がまっすぐなまま眠ることができます。枕本体はリラックスウレタンという新素材です。「ハード」と「ソフト」の2タイプあり、私は女性に人気の「ソフト」を選びました。しっかりした作りで程よい硬さです。

 

カバーの裏にはファスナーがついているので、外して洗う事ができます。しかも2㎝と1cmの中身を取り出して、高さが調整できるようになりました!私は2枚とも外して3㎝低くしたら、ちょうど良かったです。

カバーの素材も改良されました。

頭の熱を適度に逃がしてくれるハニカム素材のさらっとしたカバーになりました。冷たくはないけれどもひんやりしているので、頭に熱がこもりません。首の付け根の部分の素材は温かみがあるため、首筋が冷えるという心配もありません。一年中「頭寒足熱」を保つための工夫かこらされています。

「インティスクエア」も一緒に持ってきたので、これでさわやかな目覚めを期待して眠りにつきました。頭の丸みに枕がフィットしてとても快適なので、すぐに眠ってしまいました。

翌朝は「インティスクエア」の明かりと鳥たちのさえずりの声で、アラーム音なしでもさわやかに目覚めました!頭がよく支えられていたためか、いつもよりも寝起きの頭が軽く、すっきりしています。

「YOKONE2」は、YOKONEからかなり進化しているのを実感しました。今まで使ってきた枕の中で、今のところこれがベストです!

枕と一緒に「人生が変わる睡眠読本」と睡眠日誌がついていました。

帰宅してからも使い続けて、睡眠日誌に記録をつけていきたいと思います。

YOKONE2について詳しくははこちらからどうぞ
日本人の45%は横向き寝というデータが。横向き寝専用まくら