私は時々温泉に行くのですが、女湯に入っていると、つい他の人の裸をみて「どきっ!」とすることがありませんか?

もちろん、他の人の裸をじろじろ見たりはしませんが、つい目に入ってしまうのが・・・。

「お尻の黒ずみ」なんですよね。

自分のお尻もつい気になって鏡でチェックしてみると、お尻の下の方にうっすらと丸い黒ずみが!

ショックで、すぐにお尻の黒ずみをお手入れする方法を調べてみました。

お尻の黒ずみやざらつきをお手入れするには、「プチノン」という専用のクリームが良いらしいと知って、さっそく試してみました。

届いたのは、50グラム入りの結構大きめなチューブです。

おしゃれなデザインとはいいがたいですが、お尻のお手入れ用クリームだとわからないようになっています。

中身は半透明の白いジェル状のクリームです。

あまり油分は感じず、しっとりとした使い心地です。

同封のパンフレットによれば、お尻の黒ずみの原因は3つあるそうです。

原因1 ターンオーバーの乱れ・・・古い角質がたまり、たるみやシワの原因にも

原因2 乾燥・・・バリア機能の低下により角質が厚くなり、ニキビの原因にも

原因3 外部からの刺激・・・下着やデスクワークなどの刺激で、たるみの原因にも

確かに、座っているときに椅子に当たる部分が、丸く黒ずんでいます。その部分に触ってみると、肌が固くなってゴワゴワしています。このお肌の乾燥とざらつきをなんとかしなくては!

朝晩使うと効果的だそうなので、脱衣所にプチノンを置きました。
そして毎日2週間、朝のシャワーと夜のお風呂のあとに、10円玉大を手に取ってお尻の黒ずみが気になる部分をマッサージしました。

プチノンは刺激もなく、塗るとお尻の皮膚がしっとりとうるおっていい感じです。ついでに足の付け根の黒ずみやすい部分にもつけました。

このクリームは、薬剤師さんが発明したそうで、成分にもかなりのこだわりがあります。
お肌に刺激を与える成分は無添加でパッチテスト済みです。なんと、デリケートゾーンに使ってもOKなのです。

【全成分】
【有効成分】 水溶性プラセンタエキス/グリチルリチン酸2K

【その他の成分】
ビサボロール/3-O-エチルアスコルビン酸/米糠抽出物水解液A/アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム/加水分解ヒアルロン酸/ヒアルロン酸Na-2/水溶性コラーゲン液-4/ヒメフウロエキス酵母多糖体末/プルーン酵素分解物/スターフルーツ葉エキス/アーティチョークエキス/セイヨウナシ果汁発酵液/カモミラエキス-1/ステアロイルフィトスフィンゴシン/トレハロース/天然ビタミンE/エチルヘキサン酸セチル/トリメチルグリシン/濃グリセリン/キサンタンガム/ステアリン酸POE(20)ソルビタン/ジメチコン/BG/カルボキシビニルポリマー/1,2-ペンタンジオール/水酸化K/フェノキシエタノール/ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液/水添大豆リン脂質/精製水

有効成分の「水溶性プラセンタエキス」は美白とハリを取り戻すのを助けてくれます。そして、「グリチルリチン酸2K」は、抗炎症作用があり、ニキビを防ぎます。
ほかにもナノ化されたヒアルロン酸とセラミドがお肌をしっかり保湿して、プルプルとしたお肌を保ってくれます。

2週間プチノンを使い続けたところ、お尻の固くなっていた皮膚が柔らかくなり、お尻にあった二つの黒い丸がかなり目立たなくなりました!

やっぱりお尻の皮膚も顔と同じようにお手入れが必要なんですね。

普段からお手入れしておかないと、水着になったり、お風呂に入る時にあわてることになってしまいます。お化粧などしてごまかすのが難しい場所なので、普段からのお手入れがものを言いますね。

プチノンは1か月の返金保証付きなので、安心してじっくり試すことができます。

お尻の黒ずみを何とかしたい時に試してみる価値はあると思いますよ。

プチノンについて詳しく見る