瑠璃です。

最近、出来るだけ毎日歩くようにしているのですが、自分の歩き方をあまり意識しないと、どうしても太ももの外側の筋肉を使ってしまいます。

最近階段を駆け上がるとき、ふとももの外側が痛くなるので、太ももの外側の筋肉を使っているからなのだと気がつきました。私は下半身が特に太くなりやすく、むくみやすいのです。

靴の底も外側ばかりが減るし、以前は立っているとよくかかとが痛くなりました。やはり体重を支えるのは下半身、特に足の裏がどうなっているかは大切ですよね。

人間は二足歩行なので、建物にたとえたら土台になるのは足の裏です。最近になって、外反母趾は、足の裏の重心の位置がずれて、下半身デブの原因になるということを知りました。

今はムック本などで、足の指につけるだけでやせるというダイエットリングや、ダイエットスリッパ、ダイエット靴下などがいろいろと売られています。

私も御多分にもれず、いろいろと買ってみては試してきました。今一つなものもありましたが、本に書いてあることはとても参考になりました。私は根気よくストレッチや運動ができないたちなので、毎日本に書いてあるエクササイズが続かないのです。

若いときから軽度の外反母趾で、腰痛持ちしたが、足のアーチを復活させようといろいろと取り組んでいるので、少しずつ良くなってきています。今は歩き方や姿勢も意識して、紐靴ばかりはいているので、足が痛くなることもなくなってきました。

毎日かかさずやっているのが、お風呂の中での足首回しとストレッチです。それから、スリムウォークの靴下もはいて、むくみを防止するようにしています。今まで、ちゃんと足の指を使って踏ん張っていなかったので疲れやすかったこともわかりました。

お風呂の中では、右手と左足、という風に交差する手の指と足の指を組み合わせて握手をするようにして、足の指の力を思い切り入れて、それから足首を回します、最初は足の指の感覚がなくて、小指はほとんど力が入りませんでした。毎日続けるうちに、かなり足の指の力が戻ってきて、足が疲れにくくなりました。それから湯舟で足を延ばしたり、足の指のストレッチをしたり、太ももの後ろの筋肉をしっかり刺激して、この筋肉を使うように意識したりしています。股関節も固くなりがちなので、ストレッチもします。

お風呂が長くて、お風呂の中ならストレッチやマッサージができるので、こんなずぼらな私でも続けられそうなものを探している最中です。いいものを見つけたら、アップしたいと思っています。これまで試してきたものも順次アップしていきますね。