瑠璃です。

早速藤田紘一郎先生が『腸内フローラ健康法』で紹介されていた、酢玉ねぎを作ってみました!
この本には、藤田先生が自ら作っている写真付きのレシピが掲載されています。

玉ねぎスライス

まず、中くらいの玉ねぎ一個をスライサーなどで薄切りにして、塩少々になじませます。私は包丁で薄切りにしてボールに入れ、塩と混ぜ合わせました。

 

 

 

 

玉ねぎ完成

 

次に、保存容器に玉ねぎを写し、酢をひたひたなるまで入れ、蜂蜜と混ぜ合わせます。
以上です!

家にあったバルサミコ酢で作ってみました。

実は私は市販のドレッシングを使うのをやめて、バルサミコ酢をドレッシング替わりに使っていたのですが、最近少し飽きてきたところでした。

 

この玉ねぎ、冷蔵庫で1週間ぐらい保存できるそうです。早速夕食のサニーレタスのサラダにのせて、食べてみました。

 

玉ねぎサラダ
すっごく、美味しい!
もともと玉ねぎは好きでしたが、スライスした玉ねぎは辛いものが多く、食べにくいと思っていました。
この酢玉ねぎは、辛味が軽減されて、甘酸っぱさが後を引く美味しさです。山もりにして食べてしまいました。

サラダだけではなく、揚げ物と一緒に食べるのもいいし、ラーメンに入れるのもおすすめだそうです。
そもそも、揚げ物やラーメン自体食べない方がいいのですが、どうしても食べてしまう時には、一緒に沢山食べると良いみたいですね。

この調子だと、一週間に玉ねぎ2個ぐらいは軽くいけそうです。ちょうどジャー半分ぐらいの量になったので、玉ねぎ2個ずつで作っていこうかな、と思います。

本当に簡単で、とても美味しいので、ぜひ試してみてくださいね!