こんにちは。瑠璃です。

カサハラ式の三本指靴下を履くようになってから、もう3か月ぐらいになります。はじめは小指がうまく履けなかったのが、しっかりと足指を動かせるようになってきました。自分で体のゆがみを取ろうとストレッチも始めましたが、やはり一番の原因は足にあるという自覚がありますので、もっとしっかり知りたいと思って、笠原巌先生ご本人の講演会を聞いてきました。

今回は日曜日の午後1時15分から、横浜そごう9階のよみうりカルチャー横浜の教室で一般向けの公開講座として開催されました。90分の講演会で、3本指靴下一足付、税込2,970円でした。申し込んだのが直前だったので、早めに会場に行って受付を済ませました。よみうりカルチャー横浜の担当の方から「100名以上の来場者で受付が込み合うから早めに来てください」と言われたので、40分ぐらい前に行ったら、会場に一番乗りでした。会場に案内されて入ると、プレゼントの3本指靴下を一足貰えました。一番前の席を陣取って、そごうの中を少しぶらぶらしてから1時10分ぐらいに会場に戻りました。

dav

一番前の席だったので、他のお客さんがどういう方かあまりわかりませんでしたが、中高年の方が多く、若い方もちらほら混ざっているようでした。会場には大きなスクリーンがあり、笠原先生が出演されたTV番組が放映されていました。15分ピッタリに、笠原先生が登場し、さっそく講演会が始まりました。

誰も写真を撮っていないので、会場で写真は撮れませんでした。3年前のTV番組で65歳と言っておられたので、現在68歳ぐらいだと思いますが、本当に姿勢がよく、はつらつとしていて日に焼けた、若々しい先生です。少し写真よりは年を取っていらっしゃっても、70前にはとてもみえません。髪型も写真と同じでした。

たくさんのスライドで先生の活動や症例を紹介しながらのお話でした。とても精力的に全国で講演会や学校での調査をされているそうです。驚いたのは、まだパンプスなどを履いていない、子供の外反母趾や浮指についての症例が多い事。お話の内容は本で読んだことのある内容でしたが、足指でしっかりと大地を踏んで、足の裏のアーチ体重を支えられないと、体がゆがみ、かかとで着地するとその振動で膝や腰を痛めたり、頚椎1番を痛めて頭痛や自律神経失調症になるという説明を聞いて、自分の子供時代や若い時の不調の原因はやっぱり足の裏にあったのだな、と深く納得しました。しかも、冷え性やメタボ、下半身太りの原因にもなるとか。

私はハイヒールやパンプス、ミュールを履いていた20代から30代にかけて、腰痛や肩こり、頭痛になやまされていました。当時は15度近くまで親指が曲がり、小指にはいつも魚の目ができて、足の裏にもタコができたり、親指の爪が巻き爪になって肉に食い込んで痛くなったり、いろいろなトラブルに悩まされていました。

今は紐靴ばかりなので、足の親指もほぼまっすぐになり、小指も伸びてきました。歩き方がまだかかと着地だったので、歩き方も気をつけていきたいと思います。講演会のあと、もう一度買った本を読み直してみたら、書いてあることがあまりわかっていなかったなと実感しました。

一つだけ残念だったのは、実際に靴下を脱いで足のチェックをする時間が取れなかった事。最初に「時間があればやりますが、ないかもしれません」と言われたので、無理かなと思っていましたが。実践編は次の講座で、という事でしょうか。

本を読むのももちろん良いですが、機会があれば、講演会などで直接お話を受けられるのもとても良いですね。1月からよみうりカルチャー横浜で3回の講座が始まります。講演会の中で「私が3回ともやります!」とおっしゃっていたので、せっかくの機会だから受けられたらいいなと思っています。

dav

bur

頂いてきた靴下を今日初めて履いてみました。ひざ下までのロング靴下を履くのは初めてです。最初は「ふくらはぎが少しきつい」と思いましたが、ちょうどいい着圧で気持ちいいです。足のむくみにもよさそうです。

「足裏に興味がないのは、健康に興味がないのと同じ!」「美容を追及したら、健康を追及することになる」という言葉がとても印象的でした。

カサハラ式は、手軽に実行できて体の変化も感じられるので、これからも続けていきたいと思います。

Amazonのショッピングはこちらから
笠原巌