こんにちは。瑠璃です。

最近、「太る原因は睡眠不足」という言葉をよく見聞きするようになりました。確かに、良質の睡眠をとることは、美容と健康のためにとても大切なことだと思います。

どうやら男性も女性も、50代になると睡眠についての悩みが増えるようです。特に女性の場合は更年期に入って、ホルモンバランスが崩れてくるために、自律神経の不調と不眠に悩まされている人が多いですね。

私も夜型生活で睡眠時間が一定でないために、変な時間に眠くなったり、夜遅くまでなかなか眠れなくなるのが悩みでした。

最近ベッドや寝具などを買い替えて、睡眠の質を上げようと色々と試しているところですが、ムーンムーンの光目覚まし時計「インティ スクエア」に出会って、朝と昼間にしっかりと「太陽の光を浴びる」ことの大切さを実感するようになりました。今では、夜は照明を落として、部屋の中を少し暗くするようにしています。そして、寝具で睡眠を左右するものといえば、やはり「枕」ですよね!

私もずいぶん枕探しに苦労したほうで、低めの枕じゃないと眠れないので、専門店で測ってもらって枕を作ったこともありました。どのお店でも、まず「あおむけで寝てちょうどよい高さ」の枕を勧められます。

でも、実際に眠っている間には寝返りを打っているので、ずっとあおむけではいられません。どの枕も寝返りを打って横向きになった時に気になってしまい、朝まで熟睡できたなかったように思います。朝になると枕から頭がずり落ちていることもしょっちゅうでした。

そこで、ムーンムーンの「YOKONE」を試してみることにしました。

ムーンムーン横向き寝専用枕「YOKONE」税込14,800円(送料800円)

ムーンムーンの「YOKONE」はとても大きな枕です!大きさは縦約37㎝×横約63㎝×高さ約12㎝です。上の方が厚みがあり、このハート形のところで頭と首をしっかり支えてくれます。

dav

枕の真ん中に頭を乗せて、左右に寝返りを打っても、頭が枕から落ちる心配がありません。低反発ウレタンなので、頭の重さを適度に分散させてくれます。実際にこの枕で寝てみると、首の付け根と頭をやさしく支えてくれるので、首が楽でした。

そして、一番驚いたのは、肩こりから出る左の首筋の痛みが一晩寝ただけでなくなったことです!今までどの枕を使ってもこんな風に肩と首が楽になることはありませんでした。

 

とてもしっかりとした枕で、洗いかえ用に別売りのカバーを買うこともできます。長く愛用できそうです。

dav

カバーの裏にはファスナーがついているので、外して洗う事ができます。

ただ一つ残念なのは、カバーの生地が分厚いので夏にはちょっと暑苦しいかな、ということです。私はこのカバーの上にシルクの枕カバーをかぶせて使っています。今年になってムーンムーンから「YOKONE2」というさらに進化した安眠枕が新発売されたそうなので、そちらについてもまたアップしますね!

ムーンムーン横向き寝専用枕「YOKONE」