こんにちは。瑠璃です。

台風一過の朝、早起きは出来ずに遅めの朝食をとりました。ブログも今朝は書く時間がとれませんでした(反省)。今日
出かける前に、あまり時間がない中メイクをしていて、ふと気が付いた事がありました。

ベージュ系やブラウン系のアイメイクをする時にはあまり気にならなかったのですが、今日は先日ご紹介した
ナチュラグラッセのアイシャドウでお気に入りの、2016年プチフールアイズのブルーベリードロップと去年のブルーソーダを上まぶたの際にライン上に入れていました。

目頭は細目に入れて、目尻に向かって少し太くしていたのですが、「目尻のどこで、どの角度で止めればいいの?」
と、一瞬分からなくなりました。

時間はないし、変に目尻を跳ね上げたり長く描きすぎると変だし、どうしよう・・・。こういう時は大きめの鏡で
遠くからみて、バランスを考えるしかないですよね。あまりにも時間がなかったので、適当に自然に見える所にして
しまいました。外出先で鏡を見てみると、右側はしっかり残っていて、左側が殆どおちていて、がっかり・・・。
左の方を後で急いで描いたので、ラインの引き方が弱かったのたのかもしれません。

アイシャドーを持って来ていたら修正できたのに、忘れてしまったので直すこともできないままでした。普段から右目と
左目のメイクが同じように仕上げられなくて、右目は結構うまく行くのに左側がうまくいかないのです。右利きだし、左目は鼻を挟んで距離があるからでしょうか。

しかも私の顔は左右の顔のバランスが違っていて、左目の方がまぶたが腫れぼったくて小さいので、右目とのバランス
を取るのに毎回苦労しています。

ふと、美容雑誌にでてくるある美容家の、「アイメイクは2倍鏡を使ってあらゆる角度からチェックする」という言葉を思い出しました。そして、最近鏡を見ていて顔の側面の皮膚がキメが悪くてシミも多い事にきがついた事もあり、つくづく
普段から、鏡に映る自分で表情を作った正面の顔しか意識してこなかったことを痛感しました。

当たり前の事ですが、人から見られているのは、正面よりも横顔の方がずっと多いですよね。アイラインは正面からも気になりますが、特に横顔は目尻のラインが目につく角度です。アイラインに限らず、口紅のラインや口角、まつ毛や眉毛が整えられているか、そして小鼻の横の赤味が残っていないか・・・。

こういう横から見た時の顔を意識して、全角度から見てOKのメイクをしていこう、と改めて思いましたが、それにはやっぱり朝余裕を持って支度できるようにするしかないですね。

今日もできるだけ早寝して、明日は早起きします!